スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
カラスの撃退法
2009 / 04 / 23 ( Thu )
数日前、私はカラスの撃退法を見つけてしまいました。
そして、今日もそれを試すチャンスがあったので、
今日は、証人になるべく、仲良しの同僚に立ち会ってもらいました←大げさ

いつものように、集められたゴミをあさりにきているカラス。
私たちがバイクで近くまで来ても、
全然びっくりもしない。
2メートルも離れてナイその距離。
それでも全然私達のことは無視!!c(`Д´c)!!

そこで。。。
そこでですよ。

やってやりました。
数日前に試した、アレ。 ̄m ̄ ふふ

友達に、「見てて( ̄∀ ̄*)ニヤり☆」
と、宣言し、私が行ったこととは。。。。。













猫の鳴きまね



カラスは、きょろきょろしだして、かなり警戒している様子。
そして、飛び立っていきました。


私の勝利 ぶい ( ̄ー ̄)v


が、しかし。。。。
得意げな私の様子に、


大笑いの同僚
。゚( ゚^∀^゚)゚。アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \



ま、仕事中のつかの間の楽しい出来事でしたww

スポンサーサイト
18 : 12 : 28 | 楽しいこと大好き♪ | トラックバック(2) | コメント(4) | page top↑
特別な一週間
2009 / 04 / 21 ( Tue )
私、まいみぃは、三週間ほど前から、
首にしこりがあり、軽い痛みをともなっていたため、
近所の開業医さんにかかりました。

そのお医者さんは、呼吸器を得意とする先生。
私の症状を聞くと、「大きな病院の内科で診てもらった方がいい。」と。
風邪でもリンパは腫れるけど、三週間は腫れない。
体のどこかで炎症があるのかもしれない。
でも、その場所を特定するのは、結構大変。
胃カメラ、バリウム、胸部レントゲン、胸部CT、
腎臓の検査、採血。。。。などなどと、
言われた( ̄Д ̄;;

そして、大きな病院へ。。。
内科に行くと、採血、首のエコーの検査。
エコーの結果、首のリンパ節が増えていることがわかった。
で。
「違うと思いますけど、リンパ腫の可能性があります。
 早く検査をしたほうがいいので、血液内科の専門の先生に診てもらってください。」
とのこと。
この日が土曜日だったので、月曜日に血液内科に予約が入った。

家に帰り、採血の、ひっかかってる数値を見てみる。
そしてインターネットで調べてみると。
がん細胞があると、増える値らしい。
で、体のどこにもがん細胞や、炎症がなかった場合には、
動脈硬化がすすんでおり、近い将来心筋梗塞を起こす可能性が、
きわめて高く、寿命が短いとかかれていた。

どっちにしても良くない。。。

血液内科にかかると、
「体のどこかに炎症があるのか、それかリンパ腫。」と。
「リンパ腫だと危険なので、先にそれかどうかを調べる。」
ということで、がん細胞があるのかどうかの採血と、
造影剤をいれてのCT検査。
造影剤をいれることによって、リンパ節が腫れているのが、
首だけなのかどうかを確認することができる。
リンパ節は、手で触れることの出来ない場所にもあるため、
この検査が有効だそうだ。

このCT検査のとき、レントゲン技師の先生は、
30歳前後のお兄さんだったが、
マスクをしていてめがねをかけていて、
その姿が、あの、冬ソナのヨン様に似ていた。
あ、ちなみに私は、ヨン様ファンではないので、
そこに喜びは感じなかったがww

先に臨床検査部で採血をしてから移動してきたのだが、
大きな病院なので、移動が距離がある。
採血した場所から、看護婦さんがCTの場所まで案内してくれた。

そしてCTの部屋に入ると、その案内してくれた看護婦さんが、
私の血管に造影剤を流す。
するとヨン様。
「造影剤が全部入るまで、患者さんについていてあげてください。」といい、
私には、「この薬が入ると、体が急に熱くなってきますが、驚かないでくださいね。
 みなさん、同じですからね。気分が悪くなったら教えてくださいね。」
といってくれた。
なんだか。。。コトバのはしっこに優しさを感じた。←わたしだけかな
看護婦さんも、優しい笑顔で(キレイな人だった。ホントに天使の笑顔だった)、
「気分悪くないですか?」と聞く。
気持ちのいい対応だった。

そして私は、結果を一週間後に控え、家に帰った。

一週間。
どうやって過ごすのか。
最悪の場合、「普通」に過ごす最後の一週間になる可能性がある。
私が選んだのは、「いつもどおり」に過ごすこと。
仕事も休まない。ご馳走だって食べない。
やたらと優しくなんてしない。
わがままばかりいわない。
「いつもどおり」すごす。

最悪の場合を知っているのは、
ダーリンの妹が、リンパ腫で亡くなっているから。
「いつもどおり」これが宝物。


19 : 29 : 49 | カラダ・ココロ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
人生の終わり
2009 / 04 / 02 ( Thu )
私のお客様が、立て続けにしかもご近所同士で、
お二人の方が亡くなられました。

ほんの二週間前には、お二人ともとてもお元気そうで。
そんなことになっていたなんて、ちっとも想像しませんでした。

お一人は、92歳のおじいちゃま。
月に何度が娘さんが様子を見に来ていた、
いわゆる独居老人といわれる方。
手先が器用で、ちぎり絵、細部まできちんと書かれた寺院の絵。
紙製の機関車や、戦艦の模型を作って、
作品ができあがると、よく見せてくださった。
冬には、「寒いで気をつけてな。」
と、声をかけてくれた。
そんなおじいちゃまは、
娘さんと旅行に行こうとした日の朝。
迎えに来た娘さんとタクシーに乗り込み、
駅に向かう途中で、気分が悪くなり、
行き先を病院に変え、そのままお亡くなりになった。

もう一人のおばあちゃまは、お年はきいていないけれど、
90歳は、いっていたとおもう。
息子さん家族と同居のおばあちゃま。
毎日のように、自宅のすぐ近くを流れる川沿いを、
お散歩されていた。
毎日、きちんとお着物を着てらして、
背筋はピンとして、優しくしずかに微笑む、
とてもすてきなおばあちゃまだった。
ここのお嫁さんが、このお二人が亡くなられたことを教えてくれた。

このとき、あまりに驚いて、ついつい涙をこぼしてしまった。。。
悲しくて悲しくて。
でもおじいちゃまがお一人のときに亡くならなくて良かった。
最後までお元気で、電池が切れたように眠られたその生涯の終わり方は、
私の理想だ。
きっとおばあちゃまも同じように静かにそのときがきたんだろうと思い込んでた。

がしかし。。。

他のお客様に聞いた。

おばあちゃまの死因。




交通事故だった。


ショックだった。


あんなにあんなに素敵なおばあちゃま。
お元気そうだったのに。
そんな最期の迎え方なんて。。。。



人生いろいろ。
人生の終わりもいろいろ。

最期なんて誰にもわからない。
理想どおりになんて、なかなか終われないかもしれないけど。
できることなら。
最期まで、元気で。
眠るように静かに終わりたい。
21 : 31 : 02 | カラダ・ココロ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
保険審査通ったぞぉぉぉぉ
2009 / 03 / 26 ( Thu )
一ヶ月ほど前、加入している生命保険の担当者から、
連絡が入った。

まいみぃと、子供は、
ダーリンの保険に、「妻型・子型」でくっついていた。
それが、保険の制度が変わって、
つけられなくなるとか。

なので。
まいみぃ、個人で保険に入ることにしました。

が。。。。。

まいみぃ、ここのブログでも書いてきましたが、
病気の既往歴、通院、入院、手術などなどしておりまして。

先月、動悸が多くて、食事中に一瞬気を失ったりして、
心配で循環器にかかったのでした。
このとき、24時間心電図を付けて、
異常なしということだったので一安心。

保険に入るために、健康診断の結果が必要だったのですが、
なぁんにも問題なかったのに、結果をなくしてしまったため、
医師の審査を受ける必要がでてきまして。
まず、検尿。
血圧、身長、体重、脈拍などを調べられました。
で、既往症の告知。
あとから告知義務違反なんて言われて、
保険金がもらえなかったらいけないので、
包み隠さず、ぜーーーーーんぶ告知。

「こんなに話しちゃっていいんだろぉか。。。」
なんて、不安もでてきましたが、
きちんと、きちんとしなくちゃね。(; ̄ー ̄川 アセアセ


そして、審査とおりましたぁぁぁぁ``:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:

うああああ。なんかうれしいぞぉぉぉ。

なんの条件もつかずに、入れました。
私は、今現在は健康って太鼓判おされても同様でしょ?
なんてったって保険の審査なんだから。
あり?ちょっと違う?
ま、いっか。

とにかく。。。。。。


入れたんだからーーーー!!!!!



21 : 00 : 54 | カラダ・ココロ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
僕チンの変化
2009 / 03 / 20 ( Fri )
僕チンは、淋しがり屋の甘えん坊。
「早く迎えに来て!!」
って、先週まで言っていたのに、
なぜやらおとといから、

「ママ!今日は遅いお迎えにして!!」
と。

( ェ)ぇ

「う、うん。わかった。じゃあ、今日はママお仕事たくさんしてくるよ?」
と。約束して朝別れた。

で。
試しに本当に遅く迎えに行ってみた。

そしたら。。。。
園庭を仲良しの友達と元気に走り回ってる僕チンがいた。

私の姿を見つけて、僕チンかけよってきた。
そして。。。


「ママ!!早すぎ!!c(`Д´c)!! 」

・・・( ̄□ ̄;)!!
いつもより一時間以上遅く迎えにきたのに。

日が長くなって、明るい時間が長くなったから、
遅く迎えにこられてる自覚がないんだろうなあ。


翌日も、同じように遅く迎えにきてといわれた。


僕チンに、話を聞いてみた。
「どうして遅いお迎えがよくなったの?」

「だって、いっぱい遊びたいから!!」
それから付け足して。。。


「ママ、お仕事忙しいんでしょう?遅く迎えにきてもいいよ。」

と。

たぶん、二つとも僕チンの気持ちだ。
忙しくしてる私に気遣ってるのも、
たくさん遊びたいのも。

だから。
やっぱり毎日遅く迎えに行くのは、やめとくよ。

ママだって、さみしいんだから。
15 : 17 : 01 | 育児 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。